So-net無料ブログ作成
検索選択
捜索願 ブログトップ

捜索願その1 チューリップハット [捜索願]

チューリップハット1.jpg ITの進化によって本当にいろんなことが即座に調べられる時代になったよね♪ そんなご時世にあって尚、いくら調べても分からないものもある。ベルボトムの記事を書いた時に思い出したもうひとつのアイテム『チューリップハット』がまさにそれだった。
 日本では70年代の前半に空前のヒットとなって、真夏の公園や行楽地なんかは、帽子といったら麦わら帽子とチューリップハットだらけという一種、異様な光景になっていた。値段も安かったし、クシャッと折り畳んでポケットに突っ込める手軽さもあったんだけど、やっぱり当時の「右向け右」式の典型といえる流行りだったと考えたほうが正解かもね(笑)。
サボ.jpg ぼんくら少年も小学生の頃はバンダナかチューリップハットが普通だったよ。これにベルボトムかお古のジーパンをちょん切ったハーパンを穿き、コンバースのスニーカーかサボ(靴底が木のサンダル)でまとめる。で、悪行の数々を働くために街に繰り出してたんだけど、以前にその辺は散々書いたからもういいよね^^;
 一時的とはいえ一世を風靡したファッションのくせに、チューリップハットについての情報は本当にない。いつ、どこで、誰が考案して、どんなふうに社会に認知されたのかっていう基本的な情報が、いくら探しても見あたらないんだよね。
チューリップハット2.jpg てっきり和製英語科と思ってたら、どうやら英語でも "tulip hat" ととは言うようなんだけど、特に決まった概念がある訳じゃなく、チューリップを連想させるものはクールハットであろうとクラッシャーであろうと、果てはチューリップのアップリケがついたアポロ帽であろうと全部ひっくるめているようで、日本でいうチューリップハットもその仲間に入れているって感じだな。これに特化した英語を知ってる人がいたら教えてね♪ たぶんそれが唯一の糸口じゃないかと思うので。
 他にもチューリップハットについての情報を持ってたらぜひ! ぼんくらは最後の望みを託してヒッピー文化との関係を疑ったんだけど見事に全滅^^; もー分かりまっしぇ~ん! 



■チューリップハットを嫌がる赤ちゃん。可愛いですねぇ^^■

http://www.youtube.com/watch?v=CEIkwok36yA



■チューリップハットを作りまっしょい!■

http://www.youtube.com/watch?v=8cxsrc_xKxE


nice!(35)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
捜索願 ブログトップ