So-net無料ブログ作成
検索選択

ボールペン [文具]

ボールペン1.jpg たいていの人が日に一度は手にする筆記用具といったら、ボールペンだよね。芯はインクの注入された細い管で、先端に金属やセラミック製の球がはめ込まれている。このボールが筆記面で回転するとインクが送り出されて字を書くことができるという、理屈そのものは非常にシンプルなものだ。
 ただ、それを実現するのは大変なことだった。先端のボールは精度の高い球体である必要があったし、その球を回転できるようにペン先に固定させる技術も編みださなけりゃならなかった。よしんばペン先が完成したとしても、今度は普通のインクじゃ多量に出過ぎて滲んじゃうので、専用の高粘度インクの開発は避けて通れない課題でもあった。
 なのでアメリカのジョン・ラウドがボールペンのアイデアを考案したのは明治17年(1884)と早かったのに、ハンガリーのビーロー・ラースローによって世界初のボールペンが完成したのは昭和18年(1943)のことだった。それも完成度という点ではイマイチで、ほぼインク漏れのない安定した製品が市場に出回るようになったのは1950年代に入ってからだった。
ボールペン2.jpg 国産初のボールペンは、昭和23年(1948)にセーラー万年筆によって発売された。戦後まもなく、米軍兵士の持っていたボールペンを当時の開発担当者(詳細不明)が入手し、ペン先の構造やインクを手本にゼロから開発を行って作り上げたというから驚きだ。アイデアから実用化まで60年以上もかかった技術を、手本があったとはいっても数年でクリアしてしまったことになるもんね。サル真似とバカにされがちな昭和の技術者たちだけど、本当にそうなのかな? 



■ボールペンでドラゴンを描いています。思わずみとれちゃいます♪■

http://www.youtube.com/watch?v=8RmIzIL2bco


マジックインキ [文具]

マジックインキ1.jpg ねえ、「マジック」って言葉を聞くと何をパッと思い付く? トランプや人体切断? なるほど、手品のマジックね。じゃあ、
「マジック持ってたら貸してくれない」
 なんて聞かれたら? そう、たいていの人は油性のペンを想像するよね。今や油性マーカーの総称になっちゃってるマジックだけど、元々は寺西化学工業が製造販売する『マジックインキ』という商品名なのだ。
「どんな商品だったっけ?」
 と名前で思い出せなかったら、クエスチョン "?" マークの付いているペンといえば、すぐにピンとくるだろう。
 今や日本を代表する油性マーカー『マジックインキ』が発売されたのは昭和28年(1953)のことだ。アメリカでの視察旅行でフェルトペンのペン先を利用した新型の筆記具に注目した内田洋行の初代社長、内田憲民さんが発案し、寺西化学工業の研究開発によって誕生した共同開発製品で、現在でも商標権は内田洋行が所有している。製造販売元と商標保持者が違っているためなんだろうね、今でもマジックインキの本体やケースには企業名が入っていないんだよ。
 マジックインキの仕組みは、本体内部のインクが毛細管現象によってフェルト製のペン先に絶えず供給されるという実にシンプルなものだ。インクは色の元になる染料や樹脂を有機溶剤に溶かし込んだもので、塗られてから数秒~数分で乾燥・固化し、材料へも極めて染み込みやすい。だから紙類や木材、布などに書き込むと長期間、日光や風雨にさらされたり、洗濯されても消えることがないんだよね。
マジックインキ3.jpg 今でこそ不動の地位にあるマジックインキだけど、発売当時は散々だったんだよ。キャップを開けっぱなしにしてインクが乾いちゃうトラブルが製品のせいにされちゃってクレームが続出。ケースの中には薬並みに懇切丁寧な使用説明書が入ってたんだけどね^^; タバコの「ホープ10」が1箱40円の時代に1本80円という価格設定も足を引っぱり、百貨店で実演販売をしても日に数本しか売れないという厳しい状況をしばし耐えなきゃならなかった。
 それでも4年目を過ぎた頃からジワジワと「すぐ書けてすぐ乾く」という商品の性質が理解され始めて販売実績に上向く兆しが現れ始める。これに合わせて打った当時の売れっ子漫画家、長崎抜天による公開パフォーマンスも効いた。大勢のギャラリーの前で、日比谷公会堂の舞台の端から端まである紙の壁に、たった1本のマジックインキで一気にマンガを描かせ、描き終えたところで、
「魔法のタネはこれだ!」
 とマジックインキを高々と掲げて叫んでもらったのだ。このパフォーマンスは会衆を驚かせただけじゃなく、大手新聞が競って記事にしてくれたおかげで、さして広告に経費を注ぎ込むことなく、マジックインキの名は全国に知れ渡るところとなった。
マジックインキ2.jpg 同時期に裸の大将、山下清がマジックインキを駆使した作品を発表し、カラフルな色合いが注目されたことも市場の急速な拡大に貢献してくれたんだな。す、すごくラッキーなんだな♪
 やがて世は高度経済成長期に入り、木箱が段ボール箱に取って代わるようになると、手軽に書けてすぐ乾き、雨に濡れても滲まないマジックインキは宛名書き等の必需品となり、一般家庭でも欠かすことのできない筆記用具になった。
 様々なペンが開発された現在でもマジックインキは不動の地位を占めていて、原発の配管や、圧雪や氷などへの書き込みといった特殊用途に使用されるなど、その使い道は発売後60年近くを経た今も広がり続けているよ。

電動鉛筆削り器 [文具]

電動鉛筆削り1.jpg 電動鉛筆削り器。これ、子どもの頃は欲しくてね、持ってる友達が近所にいて羨ましくて仕方がなかった。弟妹と一緒になって何回か購入を提案したんだけど、毎回あっさりと拒否されちゃった^^; こんな高価な道具を購入して鉛筆を削る意味がないという費用対効果を問われりゃ、そりゃあ返す刀がござんせん!
 なのでどうしていたかというと、わざわざ電動鉛筆削り器を持ってる友達の家まで出かけていって鉛筆を削ってたんだよね(笑)。友達がいてもいなくても、
電動鉛筆削り2.jpg「おばちゃぁ~ん、鉛筆削らせてぇ!」
 と玄関で一声かけて上がり込んじゃうんだから傍若無人もいいところだった^^; それもぼんくら家の子ども3人が入れ替わり立ち替わり出入りするんだからホントに迷惑だったと思うよ。優しい家族で文句ひとつ言わずにいてくれたけどね♪
 でも、この電動鉛筆削り器って、差し込んでる間はじゃんじゃん鉛筆を削り続けるんだよな^^; ボーッとしてたり、削る快感に負けると、新品がみるみるチビた鉛筆になっちゃう。言うなれば大量消費時代の申し子みたいなお化けアイテムでもあったのだ。昭和40年代に大流行したスチール製学習机の中には電動鉛筆削り器が装備されてるものあったけど、使ってた人はいる?
電動鉛筆削り3.jpg 昭和30年代の前半に登場したといわれる電動鉛筆削り器だけど、正確にいつ誰が発明したのかは今のところ分からない。昭和50年代にエコに対する関心が高まるにつれて著しい衰退をみせたものの、平成に入ってから削れ具合を自動認識して動作をストップさせる機能が標準装備されるようになって、再び人気を取り戻しているようだ。鉛筆自体が昭和の頃ほど使われていないからブームにはならないだろうけどね。


■蒸気機関による鉛筆削り器。次は原子力かいな^^;■


ジャポニカ学習帳 [文具]

ジャポニカ学習帳1.jpg オーソドックスな鉛筆や消しゴムでもない限り、親子で使った覚えのあるブランド文具ってそうはないよね。でもひとつは確実に使ってるものがあるんだよ。『ジャポニカ学習帳』だ。
 ジャポニカ学習帳は昭和45年(1970)生まれだ。背表紙と中ページに学習図鑑を掲載した学習ノートという異色の商品で、富山県高岡市に本社を置く昭和ノート株式会社(現ショウワノート株式会社)が、小学館が発行していた『ジャポニカ百科事典』とタイアップして誕生した。百科事典が発刊されていない現在では、写真も含めて全てが小学館の監修による学習帳向けのオリジナル編纂となっているようだ。
ジャポニカ学習帳2.jpg ジャポニカ学習帳というと、真っ先に浮かぶのが表紙の顔となっている美しい動植物の写真だけど、あの写真は専属カメラマンの山口進さんが撮影したものだ。昭和48年(1973)からだから、昆虫生態写真家の肩書きを持つ山口さんは36年にも渡って『ジャポニカ学習帳特写取材班』のリーダーとして世界中を飛び回り、子供たちに貴重な動植物の姿を伝え続けてきたことになる。もしかすると、どんな著名な写真家よりも作品を鑑賞され、親しまれてきた写真家といえるかもしれない。
 4、5年ごとに表紙と学習百科の内容を変更しながら、もうじき40才を向かえるジャポニカ学習帳は、この調子でいけば、体裁を変えることなくボクらの孫やひ孫まで使い続けられる文具になりそうだね♪


■「ジャポニカ学習帳」CM 初期ですが年代不詳■



■「ジャポニカ学習帳」CM 岡本夏生がいい味出してます^^ 1994年■


匂い消しゴムは失恋の香り [文具]

匂い消しゴム3.jpg いつの頃からか昭和の小学生の間で流行った匂い消しゴム。
 ぼんくら少年は小学校5年生のある時期からガールフレンドと匂い消しゴムのプレゼント交換をしていた。月初めにお互いのために選んだ匂い消しゴムを交換しあうのだ。形も色も匂いも様々で、チョコレートやコーラ、ソーダ、バナナ、パイナップル、オレンジ、青リンゴ、石けん、ローズなどなど、ちょっとした文房具屋さんに行けば数十種類の匂い消しゴムが並んでいた。
匂い消しゴム2.jpg 筆箱を開ける度にいい匂いが漂って嬉しかった。見た目も楽しかったしね。てか鑑賞用ではあっても使うことはなかったな、ぼんくら少年の場合。あれって「これが消しゴムか」って思いたくなるぐらい消えないものが結構あったし、第一、交換した消しゴムを使ったりしたら相手の子に何を言われるか分かったもんじゃなかったし^^;
 ホントに奇跡的に友達にも弟妹にも知られずに匂い消しゴムの交換は続き、勉強机の引き出しに忍ばせてあったメリーチョコの缶カラは消しゴムでいっぱいになるかに思われた。でもその前に交換自体が終わっちゃった。フラれちゃったのだ。
「キミって悪くないんだけどさ、…こどもっぽいんだよね」
匂い消しゴム1.jpg だからこれで終わりにしよう。そういって彼女が最後に渡してくれたのはチューリップの花束の写真が帯になっている花の香りの消しゴムだった。え、ぼんくら少年は何を渡したかって? ソーダの匂いの赤いスーパーカー消しゴムだったよ。やっぱ子供っぽいって言われても仕方がないよね。 家に帰って缶カラの消しゴムを数えてみたら最後にもらったものも入れて17個あった。いろんな香りが混じった安っぽい香水のような匂いを嗅ぎながら、弟妹に気付かれないようにシクシク泣いた。人生初の失恋だった。


■風のように 小田和正■



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ人気ブログランキングへ


ボンナイフ? それともミッキーナイフ? [文具]

ボンナイフ1.jpg プラスチックのサヤにカミソリのような薄い刃が二つ折りで収納されているナイフがあったよね。スゴくよく切れるし場所も取らないから、カッターナイフが普及するまでは、肥後の守とともに小学生が持ち歩く文具のベスト5には入っていたと思う。
 ところで今日はぜひ、この記事を読んでもらったみんなに協力してもらいたいんだけど、いい? 自分がどこで(県か地域[関西とか北海道とか])で小学生時代を過ごしていたかと、このナイフをどういう名前で呼んでいたかを教えてもらいたいんだよね。箇条書きでもいいから、コメント欄に書くか、下の投票フォームで教えてね♪
bonmickey.jpg なんでこんなことをお願いするかっていうと、このナイフの記事を書こうと思ったら、地域によって『ボンナイフ』と呼ばれたり『ミッキーナイフ』って呼ばれたりとバラバラなことに気付いたから。ぼんくらオヤジは東京と福島で少年時代を過ごしたんだけど、『ボンナイフ』って言ってた。たしかにサヤを兼用してたプラスチックの柄には「BON」と刻まれていたしね。それでメーカーを調べてみたんだけど、残念ながら分からなかった。はっきりしてるのは現在は販売されていないということ。じゃあ『ミッキーナイフ』はというと、こちらは現在でも大阪の坪米製作所で製造が続けられていることが分かった。もちろん文具屋さんによっては置いているだろうし、ネット販売で手に入れることもできる現役バリバリの文具だ。
ミッキーナイフ2.jpg もうひとつ判明したのは、ミッキーナイフが一時期は坪米製作所に商標登録されていたということだ。なんで分かったかというと、平成17年(2005)にディズニーから商標法50条に基づく不使用取消審判を請求されて、坪米製作所が登録を取り消しているからだ。ってことは、『ボンナイフ』も『ミッキーナイフ』と同様に商品名で、流通した地域でそれが一般名称のように使われていたっていうのが真相とみていいんだろうか。ホッチキスみたいに文具の世界ではよくある話だからね。
 ではでは真相解明の一助として、みんなの記憶に期待してるね(笑)。フォローよろしく♪




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ人気ブログランキングへ


大量消費時代の申し子 - ロケットペンシル [文具]

ロケットペンシル1.jpg 何であんなものに憧れたんだろう?
 子供の頃にもの凄いオーラを感じていたのに、大人になるとガラクタにしか思えないものはたくさんある。これは当たり前のことだし、大人の価値観でもって子供の世界をとやかく言うのは野暮だ。とはいうものの、やっぱりダメ出しをしていいものがあるんだよなぁ(笑)。
「ありゃないよ」
 って言いきれるもののひとつがロケットペンシルだ。これはプラスチックの台にセットされた芯が鉛筆状の筒にいくつも入っていて、芯先が丸まったら、それを引っぱり出してお尻に突っ込めば新たな芯がにゅっと出てくるというナイフ不要の筆記用具だった。当然、丸まった芯は使い捨てられるわけで、すべてのユニットを使い切ると本体ごとお役御免となる。ぼんくらオヤジの両親は健全にも、
ロケットペンシル2.jpg「こんな無駄の多い製品を使うこと相成らんっ」
 と、にべもなく息子の購入申請を却下したんだけど、息子のむくれたのなんの! だって周りの友達はフツーに使ってたんだもん。それにこういうのを買ってもらえる子たちは、アーム筆入れみたいな「高級品」も必然的に持ってるわけで、もうこうなると二重三重に差をつけられたような屈辱感と悲壮感にさいなまれちゃうんだよなぁ(^^; だから、しつこくも「いずれはオイラも」と入手の機会をうかがってたんだけど、ある日、先生のツルの一声で、このねじくれ曲がったぼんくら少年の心はビンタをくらうことになった。
「鉛筆も削れない不器用な子にならないためにも、学校でロケットペンシルを使うのは止めましょう」
 かくしてぼんくら少年の野望はおろか、少なくともぼんくら少年の世界から、突如としてロケットペンシルは姿を消してしまったのだ。実にあっけない幕切れだった。
 ロケットペンシルの当時の値段は100円。鉛筆だったら1本10円の時代だった。現在の価値に引き直すと400~500円はする使い捨て商品なわけで、やっぱりとんでもない贅沢品だったのだ。それを欲しがった子供たちと買い与えた大人たち。シャープペンシルはまだ普及していなかったし、資源の無駄使いを罪悪視する時代ではなかったことを差っ引いても、現在の環境破壊と温暖化につながる「狂気」をロケットペンシルに覚えるのは大袈裟すぎるだろうか?

ゾウが乗っても壊れない『アーム筆入れ』 [文具]

アーム筆入れ.jpg「ゾウが踏んでもこわれない!」
 1965年に発売を開始した『アーム筆入れ』の名コピーだ。耐衝撃性と耐熱性に優れたポリカーボネート樹脂を使い、ホントに1.5トンの荷重に耐えられる筆入れを開発しちゃったのだから凄い。
「なんでそんな頑丈さが筆入れに必要なの?」
 なんでだろうね(笑)。たしかに子供は扱いが乱暴だし、当時既に出回っていたプラスチック製の筆入れはチャチなものが多くて、ちょっとしたことでヒビが入っちゃったり、側面が割れて欠けちゃったりしたから、象が踏んでも壊れないプラスチック製品の登場には、子供ばかりか大人も大いに注目したんだと思う。新幹線の開業、カラーテレビ、そして大阪万博と、昭和40年代は子供も大人も新しいテクノロジーに酔いしれた時代でもある。アーム筆入れは、テレビCMと新素材という時代の流れをつかんだ必然的なヒット商品だったといえるのだ。
 でも、ぼんくらオヤジは、お調子者の友達がよせばいいのにこの筆入れに乗って、ものの見事に粉砕した光景を今でも鮮明に覚えてるんだな(^^; あれって、たまたま壊れちゃっただけなのかな。子象とはいえ、CMではちゃんと筆入れを踏みつけているとのこと。まあ、普通に使ってるぶんには十分な耐久性があったのは確かだと思うけど(笑)。
 だからなんだろうね。アーム筆入れは異例の長寿商品となり、現在でも『NEWアーム筆入れ』として販売されている。製造元のサンスター文具株式会社は、歯磨きなんかののサンスター・グループとは無関係なので念のため。





にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ人気ブログランキングへ


カッターナイフ以前につかっていたもの - 肥後守 [文具]

higonomori.jpg ←この刃物を見て「アッ」と思った人!? 
 ぼんくらオヤジは、思わずポンと膝を叩きましたぜ! これ、使ってたんだもん。そうだよ、ハナっからカッターナイフを使ってたんじゃなかった。仲良しだったのに久しく忘れていた友人と再会したような気分だ。懐かしくもあり、申し訳なくもあり。時に結構な怪我をしながらも、ぼんくらオヤジはこのナイフで刃物の扱い方を覚えたのだ。折り目に沿って刃を滑らせて紙をカットしたり、鉛筆や竹ひごを削ったり、プラモデルのパーツに残ったバリを取ったり。
 『肥後守(ひごのかみ)』。このナイフの名前なんだけど、知ってた? ぼんくらオヤジはどうだったかなぁ? 肥後守なんて知らなかったような気がするんだけど、記憶があやふやで何とも(^^;;; 
 肥後守の作りは実にシンプルだ。一枚の金属板を折り畳んだものが、刃が折り畳まれている時にはサヤに、刃を引き出した時には柄になる。刃にロック機構は付いてなくて、刃の末端に突き出た『チキリ』と呼ばれる出っ張りを、親指で押さえながら使用する。簡易式のものは、チキリすら付いていない。
 このタイプは既に19世紀の末に考案されていて、安くて壊れにくいことから、戦前には携帯ナイフとして全国に普及していたようだ。いつから『肥後守』と呼ばれるようになったのかというと、肥後の国(今の熊本)で作られていたナイフを兵庫県三木市の金物商と鍛冶職人が持ち帰り、そのイミテーションを製造販売したところからその名が付いたという説もあるが、本当のところは不明。ただ、全盛期にいちばん肥後守を製造していたのは間違いなく三木市だったわけで、ご当地と何らかの縁があることだけは確かな由。
 必須の文房具として子供達にも愛用された肥後守は、ぼんくらオヤジの生まれた昭和30年代に生産のピークを迎えた。でも、鉛筆削り器やカッターナイフの普及、30年代後半に多発した刃物による青少年犯罪の防止運動など、取り巻く環境の変化と逆風の中、静かに我々の生活から姿を消していった。
 現在、肥後守は永尾駒製作所(三木市)の登録商標になって生き延びている。今でも同製作所(OEMも含む)の製品を手に入れることができるよ♪ 値段は、200円程度の日用品から1万円以上もする贅沢品まで幅広い。ネットでカンタンに買えるみたいなので、懐かしくなった人はぜひ愛用品のリストに加えてちょーだい。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ人気ブログランキングへ