So-net無料ブログ作成

汽車土瓶 [雑貨]

汽車土瓶1.jpg 懐かしいものを見つけちゃったので、今日は敢えて小ネタでいくね。昭和生まれなら画像を見ただけで、
「あー、これね」
 って言ってくれるだろうと思うんだけどな^^。じゃあ駅弁と一緒に買ったこのお茶の容器の名前って知ってる? 鉄道ファンは別として、意外に知らない人が多いんじゃないかな。材質は陶製だったりポリビニルだったりするけど『汽車土瓶』って呼ばれてたんだよ。ぼんくらオヤジは列車の旅行が子どもの頃から大好きだったので、汽車土瓶を見ただけで未だにワクワクしちゃう。
 汽車土瓶がいつ、誰によって開発されたのかは残念ながら分からない。鉄道マニアは一般に恐ろしく緻密に鉄道関係の資料を漁る人達なんだけど、その彼らが特定できないんだから、門外漢のぼんくらに分かるはずもなく。一般論として言うと明治時代には既にあったとされているけど、資料上では福岡市の皿山で大正時代に汽車土瓶が製造されていたことが確認されているようだ。
 汽車土瓶についてひとつ、はっきりといえるのは、少なくとも昭和30年代まで汽車土瓶は日本における数少ない使い捨て容器だったということだ。今、陶器の汽車土瓶を手に入れたら、とても捨てられない気分になるけどね(笑)。
 ぼんくらの記憶では、昭和40年代にはもうほとんどの汽車土瓶がポリ容器になっちゃってたと思う。ハッキリ言って、あのお茶は不味かった(笑)。だって容器の臭いがするわ、直ぐ冷めるわ、茶葉自体の質が悪いわ、どこを褒めていいのか見当がつかない代物だったもんね。それでも駅弁を車内で頂く時には是非とも欲しい小道具であることに変わりはなく。
 不味くても買われていた汽車土瓶茶に蔭りが訪れたのは1980年代の中頃だった。金属に触れると色や味が変質してしまう特性ゆえに困難だったお茶の缶詰化が技術的に可能となり、ホームやキオスクでお茶缶が売られるようになったのだ。
 汽車土瓶茶の終焉を決定的にしたのは、平成8年(1996)に飲料業界が産廃物抑制のために行ってきた1リットル以下のペットボトル生産の自主規制を解除したことだった。飲み残してもフタをすれば持ち歩くことができ、風味も格段に勝っている小分けのペットボトル茶に放逐されてしまったのだ。
汽車土瓶2.jpg こういうと跡形もなく消え去ってしまったかのようだけど、実をいうと今でも2ケタを軽く越える駅で汽車土瓶は生き残っているんだよ。一時は販売を止めちゃった駅でも復活させるところが増えてるんだって。希少価値に加えて、旅情を誘うアイテムとして再び利益の出る人気商品に返り咲いているみたい。そうなんだよね、旅はある意味、効率や合理を捨て去った究極の遊びなんだもん。行きに出会った重たい陶器の汽車土瓶や駅弁の容器を、先の長い道中でヒィヒィいいながら持ち歩くのも楽しみのうちなんだ♪ 汽車土瓶に再び出会った人は、失ったものを取り戻すことができるかもしれない。


■駅弁と汽車土瓶のある旅の光景 旅情を堪能できますね♪ 1983年■


nice!(25)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 25

コメント 27

やなぎはっか

ああ、こういうもの、ありましたよね。
すっかり忘れていました。
私は「ポリ容器」でしたが。

一番下の画像の陶器製、小淵沢と読めるのですが。
「シンゴ氏」は、小淵沢在住です。
今度、行ったときには、小淵沢で駅弁を買うことにします。
by やなぎはっか (2010-01-16 19:04) 

Milu

えっ?
このお茶土瓶、、、違った ^^;
汽車土瓶、もうないんですか〜
あれ?!
日本に2年半前に帰った時、新幹線に乗って。。。

そうだ、確かに見当たらなかったわ。。。
ペットボトルに入った、何種類ものお茶が売られていました。
そっか〜、あの形が良かったのにな〜
(私が知っているのはポリ容器です)
でも、まだどこかで見つける事が出きるのね〜
2ケタを軽く越える駅?
お馬鹿な私、意味がわかりません。。。^^*

宝探しになりそうだわっ!^^
by Milu (2010-01-16 20:45) 

ファジー

こういうものを出されると困りますね。黙って素通りできないぢゃないですか・・・。
陶器製のお茶の容器も使い捨てでした。釜飯弁当の陶器製の器がそうであったように・・・。
私の物心ついたときには、ヘニャヘニャのポリ容器でした。
バリの残った本体と、チープな針金の取っ手が何とも使い捨て感満点でした。
土瓶型のポリ容器もありましたが、動画に出ているような水筒型の時代が長かったように思います。
茶所静岡は、お茶の葉とお湯を別にした形で販売していたのにいたく感心した記憶があります(僅か25年くらい前の話)
SLを追いかけてよく通った関西本線柘植駅の売店ではお茶がなんなるとその容器に10円で注ぎ湯をしてくれました(僅か38年くらい前の話)
それも仰るように缶のものやペットボトルのものにその姿を変えていきました。

また弁当カラとお茶の容器は座席の下に置くのが当時の作法でしたが、最近は座席の下に空間がなくて出来なくなりましたね。

私は大人になってからは、お茶は買わずに缶ビールを買ってましたので、これくらいの思い出しかなく悪しからず。
by ファジー (2010-01-16 20:54) 

peace9314

へぇーーーー
土瓶初めてみましたーーー\(Y ◎ ◎ Y)/
by peace9314 (2010-01-16 22:44) 

やっくんたっくんのパパ

親の実家が富山県でして
電車で帰るときは、名駅で「きしめん」食べ
「冷凍みかん」とこの「お茶」買って、電車に乗り込んだものです
by やっくんたっくんのパパ (2010-01-16 23:14) 

牛子

これ、汽車土瓶という名前だったんですか。
すっかり頭から忘れ去った物でしたね~でもこんな形だったかな~?って暫し見つめてしまいました(^^;
家が自家用車を持つまで遅い方だったので汽車は良く利用してたと思いますし、大して遠出でなくても親は駅弁とお茶を購入してた記憶があります。しかも汽車の窓からの購入(^^)
今では想像もして頂けないでしょうが、幼少のワタシは食が細く(* ̄▽ ̄*)好き嫌いも多かったため、私一人分としては買ってもらえず、その駅弁には未練がないのですが、このお茶を自分用にひとつ管理したい気持ちで一杯でした(^^;
by 牛子 (2010-01-17 00:14) 

さや

はじめまして~☆

このお茶の容器、本当に久々に見ました^^;

本当に小さい頃、みかんと駅弁と一緒に親が買ってきたのを覚えています♪

なつかし~☆
by さや (2010-01-17 00:36) 

ケセパタちゃん

実家の父の知り合いで一関の駅弁売りのおじさんが
いました。まだ、東北新幹線が開通する前、
あの独特の口調でホームで、開いた窓越しに
流暢にお弁当の中身をお客さんに説明していた姿が
思い出されます。
そのおじさんは、地元の6民区運動会のアナウンス係りでもありました。流暢な言い回しで、大人の徒競走や、
障害物競走走を実況中継していた可笑しさ・・・
忘れられません。

by ケセパタちゃん (2010-01-17 08:16) 

Q

あ~。。懐かしい(笑)ポリ容器のお茶だ^^
写真を見た瞬間に、口を付けた時に鼻に
くる「あの匂い」が蘇ってきました☆
しかも、持ち手が熱いのですよね~^^
新幹線に乗ってばあちゃん家に行く時、かならず
お弁当とお茶を車内で頂いていました。
ほんと懐かしい。。。

by Q (2010-01-17 08:44) 

泉

うん、うん、
まずかったね~
薄いお茶に
容器の匂いが
うつって。。

汽車、いや電車の
定番は駅弁だけど
ゆで卵と
冷凍みかんは
はずせないです~


by (2010-01-17 17:22) 

ぼんくらオヤジ

[メール]やなぎはっかさん、その通りです。小淵沢で現在でも売られている汽車土瓶です♪ そうでしたか、シンゴ氏は小淵沢にご自宅があったんですか^^ ぼんくらは長坂にあった職場で接点があっただけなので、お住まいがどこかまでは知らなかったんです。無関係な話ですが、ぼんくらオバンは小淵沢の産です(笑)
by ぼんくらオヤジ (2010-01-17 20:25) 

ぼんくらオヤジ

[メール]Miluさん、平成15年(2003)から東京・上野・新宿・大宮・八戸・秋田の各駅と東北新幹線一部列車の売店で、汽車土瓶茶の販売を350円で開始したという記事も見つけたんですが、いまもやってるかどうかまでは確認できませんでした。駅弁の資料を集めてらっしゃる方のお話では、駅弁業者の直営売店が残る駅ではかなりの確率で復活を果たしているようで、恐らく20~30のJR駅で手に入るんじゃないかということでした。む~、それでも宝探しになっちゃうかも^^;
by ぼんくらオヤジ (2010-01-17 20:25) 

ぼんくらオヤジ

[メール]ファジーさん、この話題はファジーさんの十八番なんですよね^^; そうですか、ちょっと記憶が曖昧だったんですが、やっぱり昭和40年代にはほとんどポリ製に切り替わってたんですね♪ そうそう、なかなか注ぎ口のある土瓶型には巡り会えずに水筒型でした(笑)。やっぱり静岡は威信にかけてそんなお茶を投入してたんですかねぇ! 柘植駅の注ぎ湯というサービスも粋ですねぇ^^ 実は昨年、家族で青春18きっぷの小旅行をしたおりに、亀山駅を出てすぐのところにある弁当屋さんで「志ぐれ茶漬弁当」を買って美味しく頂いたんですが、その時にポリ製の汽車土瓶を売っていて感激しました。105円で売ってまして、誰よりも息子たちが感動してました(笑)。旅は思いがけないプレゼントをくれますねぇ、たまりません!
by ぼんくらオヤジ (2010-01-17 20:26) 

ぼんくらオヤジ

[メール]peaceさん、土瓶は初めてご覧になりましたか。ってことはアラフォー世代は知らない人達が結構いるかもしれませんねぇ!
by ぼんくらオヤジ (2010-01-17 20:26) 

ぼんくらオヤジ

[メール]やっくんたっくんのパパさん、名駅のきしめんをいただいて、冷凍みかんと汽車土瓶茶を買って汽車に乗り込むなんて、思い出すだけでワクワクしますねぇ! あの心の底から楽しくて仕方がない気分、また味わいたいなぁ(笑)
by ぼんくらオヤジ (2010-01-17 20:27) 

ぼんくらオヤジ

[メール]牛子さんにとって、汽車土瓶は忘却の彼方にあったようですねぇ^^ フツーはそうかぁ(笑)。汽車の窓から、列車がいつ出ちゃうんだろうと心配しながら買うのは旅の楽しみを倍増させてくれましたよね♪ 駅弁はシェアしてもお茶は一人分が欲しい。こういう心理も忘れがちですが、大切な思い出ですよね!
by ぼんくらオヤジ (2010-01-17 20:27) 

ぼんくらオヤジ

[メール]さやさんも(恐らくは)冷凍みかんと汽車土瓶の記憶が対になってるんですねぇ^^ やっくんたっくんのパパさんと一緒ですね♪
by ぼんくらオヤジ (2010-01-17 20:27) 

ぼんくらオヤジ

[メール]ケセパタちゃんさん、駅弁売りのおじさんとお付き合いがあったんですね♪ ホームで駅弁を売り歩くおじさんたちの姿は長らく日本の旅の風物詩でしたね。本業の特技を地域の活動に活かすとは、おじさんもやりますねぇ(笑)。地域のコミュニティがしっかりとした絆で結ばれていた時には、こういう芸達者な方がいろんな局面で活躍してくれました。いいお話、ありがとうございました!
by ぼんくらオヤジ (2010-01-17 20:28) 

ぼんくらオヤジ

[メール]Qさん、「あの匂い」が甦ってきましたか(笑)。そー、確かにその上、熱いんです^^; いつだったか、キャンプでポリタンクの水を沸かしたんですが、例の臭いがするお茶ができて、瞬時に汽車土瓶を思い出しました。こういう匂いは旅行の記憶を鮮やかに浮かび上がらせてくれますね。Qさんにとっては、ばあちゃん家にお出かけする記憶ですか。いいですねぇ♪
by ぼんくらオヤジ (2010-01-17 20:28) 

ぼんくらオヤジ

[メール]泉さん、不味かったですよねぇ^^; そうでした、お茶も薄かった! そうか、ゆで卵かぁ、これは忘れてました(笑)。なんか、こういうお話をしてると、学校の遠足に出かける前日みたいな気分になれますね^^
by ぼんくらオヤジ (2010-01-17 20:29) 

ファジー

亀山駅の「志ぐれ茶漬弁当」とは激シブですね。
いとう屋さんの名物弁当です。あの弁当にはお茶が必須ですから。
ファジーの駅弁包み紙のコレクションにもあったような気がします。
息子さんにとってはお茶の容器も驚きの対象なんですね・・・嬉しいことです。
by ファジー (2010-01-17 22:53) 

みおのとおちゃん

ポリのをはじめてみた時に、子供ながら
『水筒を持ち込まないのにお茶が飲めること』にびっくりしました。
まぁ、飲んでみてあの独特の味に『なんじゃこりゃ』ってなりましたが、
それが当たり前な雰囲気でしたね~。
あと、ボトルがやわらかくて入れにくく、注いでもらったような・・・?

あまり鉄道に乗る機会がなかったので、詳しく覚えてません。
by みおのとおちゃん (2010-01-18 11:55) 

ぼんくらオヤジ

[メール]ファジーさん、実は志ぐれ茶漬けのことは全然知らずに、ただ単に乗り継ぎが上手くいかなくて駅の外に出たら行列ができてたんです。並んでる人に訊いたら「絶対に食べろ」というんで家族で食べたら大当たり! ぼんくら息子たちは「美味い!」を連発しながらがっついてました。香ばしいお茶の香りと一緒に甘辛いハマグリの味が口いっぱいに広がってじんわりと幸せな気分になれる最高の駅弁でした^^ 知らなかったんですが、ぼんくら長男はその時の汽車土瓶を保管してました(笑)。オヤジと違って何でも溜め込むクセがあるんです^^;
by ぼんくらオヤジ (2010-01-18 18:53) 

ぼんくらオヤジ

[メール]みおのとおちゃん、たしかに「なんじゃこりゃ」って味ですよね(笑)。そうそう、容器が熱でヘニャヘニャになってる上に車内じゃ当然揺れるじゃないですか。一度、父親の膝に熱いお茶をぶちまけて大騒ぎになったことがあります^^;;;
by ぼんくらオヤジ (2010-01-18 18:54) 

佐伯日菜子 怖い

加護ちゃんという人が、モーニング娘に居たことくらいはわかります。
by 佐伯日菜子 怖い (2013-06-14 10:34) 

マルベリー 財布

今日は~^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。
by マルベリー 財布 (2013-06-29 01:34) 

のりっく

汽車土瓶 小淵沢でお買い上げありがとうございます。
岐阜県は多治見市でこの汽車土瓶を製造しているものです。

こうして自分の作った物が使われているねが分かると嬉しいものです。
by のりっく (2014-11-21 10:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました